読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なみかみの為に

自分の為のブログ

さらなる快適生活を求めて新型のFire TV Stickを購入しました

こんにちは、なみかみ(@namikami_net)です。

最近連続でAmazonの記事だとちょっと微妙かなと思ったのですが、書くネタもなくなってきたのでごめんなさい。

さっそく本題!4月6日に発売された新型のFire TV Stickを購入しました。
ファーストインプレッションなので写真を交えてレビューとかを考えていましたが、興奮して写真撮影を忘れるというブロガーとしてあるまじき失態をしてしまったため、文章だけのそっけないレビューとなります。


Fire TV Stick (New モデル)

Fire TV Stick (New モデル)

開封後初期セットアップ

TVのHDMIの端子に挿し込み後、リモコンボタン長押しで認識。
その後、言語・ネットワーク・Amazonのアカウントなどの設定を行います。

マニュアル等を読まなくてもあっさりと初期セットアップが完了できてしまったので拍子抜けでした。

Fire OSの使用も初でしたが、リモコンを使って直感的な操作ができるので、今のところ迷わず使用できております。

予想以上のサクサク操作

私はLGのスマートテレビを使っていますが、リモコンの反応が悪く動作のもたつきに不満がありました。
Fire Stick TVも一緒なんじゃないかと懸念しているところがあり購入に踏み切れずにいましたが、結果から言えば新型のFire TV Stickは購入は大正解でした。

予想以上の軽快な動作でそりゃもうサクサクでホーム画面やアプリへの遷移などはもちろん、初期セットアップ時にWifiのSSIDやキーコードを入力しましたが、文字入力なども快適そのものでした。

アプリのインストールで独立した運用が可能

Fire TV Stickでは、Amazonのアプリストアよりアプリをインストールすることができ、スマホやPCを使わずに独立した運用が可能となっております。


Fire TV Stickを使って何ができるかは、Amazon Fire TV Stick 対応アプリ・ゲーム を参照していただけると幸いです。

インストールはamazonのアカウントと紐づけされており、Fire TV Stickの本体ストレージに保管されます。

Fire TV Stickの本体ストレージは8GBで、現状はDアニメストアとAmazonプライムビデオのアプリくらいしか使う予定がないので容量には余裕がありますが、使い込んでいくことでこの8GBという容量が多いのか少ないのか意見が分かれそうですね。


最後に

Googleから販売されているChromeCastはここ1年くらい使い倒したのでそれを踏まえての詳しい比較を近日中に書く予定ですが、ここ2,3日の使用ではっきりといることは私のライフスタイルにはChromeCastよりFire TV Stickの方が嚙み合っているなと感じております。

Fire TV Stick (New モデル)

Fire TV Stick (New モデル)




記事の執筆時間:1時間13分